当院の整形外科の特長

親しみやすい地域密着型病院として、確かな信頼関係を築きます。

当院では、患者さまの状態を見極め、患者さまとよく話し合いながら、急性期から回復期まで、最善の治療計画を立てていきます。
そして、症例を細かく検討し、必要に応じて外部の医師とも連携を図り、治療にあたります。
小児から高齢者まで幅広く対象とし、きめの細かい治療を心掛けています。
受診に来られた患者さまの苦痛を少しでも軽減し、快適な日常生活を送ることができるように最適な治療方法を考えていきます。
また、手術を終えた患者さまが、スムーズにリハビリテーションへと移行できるよう、医師だけでなく、看護師やリハビリテーション・スタッフと連携し、常に治療レベルの向上を目指します。
当院は、人工関節置換術や観血的整復固定術などの専門的な手術で多数の実績を持っており、中高年に多い変形性関節症から外傷、スポーツ疾患まで、さまざまな治療に携わっています。

目次

整形外科とは?

整形外科では、人体の運動器の病気や外傷(ケガ)を取り扱います。
全身の運動器を作り上げている骨や関節、靭帯、筋肉、腱、脊椎を含めた末梢神経の病気や外傷の診療を専門分野としています。
具体的には、関節の腫れや痛み、頚部・腰部の痛み、高齢者の変形疾患、外傷(脱臼・骨折等)、あるいは、交通災害、労働災害等を訴える患者さまの診察を行います。

このような症状でお悩みの方はご相談下さい。

  • 関節の痛みや動きの制限
  • 骨や関節の変形
  • 手や足のしびれ
  • 歩行障害
  • 手指がうまく使えない
  • 頸・背中・腰の痛み
  • 筋肉の萎縮
  • 四肢の筋力低下
  • 背骨の変形
  • 外傷や感染後の四肢の変形や短縮
  • 筋肉や骨に発生した腫瘤
  • スポーツ障害頻度の高い膝関節の治療

治療の流れ

治療の流れ

機器・設備の紹介

高精度の画像機器も揃っていますので、症状によっては、レントゲンはもとより、CT診断装置、1.5テスラMRI画像診断装置等を駆使した詳しい検査を行った上で、的確な診断・治療を心掛け、患者さまがより安全かつ少ない負担で治療を受けていただけるように努力しています。

  • X線透視撮影装置
    X線透視撮影装置
  • MRI(1.5テスラ 磁気共鳴画像装置)
    MRI(1.5テスラ 磁気共鳴画像装置)
  • 16列マルチスライスCT
    16列マルチスライスCT

手術室について

最新の設備とクリーンで十分なスペースを確保した手術室は、高い機能性を備え、骨折手術・人工関節手術など、各種整形外科手術を行っています。


リハビリテーションについて

わたしたちが、患者さまの日常を取り戻すために、心と体の両面からサポートします。


医師の紹介

才田 啓友(さいた けいすけ)Keisuke SAITA

卒業年
2004年(平成16年)卒
診療担当/専門領域
整形外科一般
専門医・認定医など
日本整形外科学会認定専門医
座右の銘
You'll never walk alone.

診療の中で医師として大切なことは、患者さまの話を真摯に聞くということだと思っています。
ちょっとした症状、些細な変化であっても気軽に相談しやすい、地域の皆様にとって頼れる病院となることを目指しています。
当院では、運動器のリハビリテーションも積極的に取り組んでいます。
当院で手術された方はもちろん、近隣の医療施設で手術された方で、当院でのリハビリ継続を希望される場合もご相談ください。

岩﨑 まどか(いわさき まどか)Madoka IWASAKI

卒業年
2006年(平成18年)卒
診療担当/専門領域
整形外科一般
リハビリテーション科
専門医・認定医など
日本整形外科学会
日本リハビリテーション医学会認定臨床医
座右の銘
天真爛漫

患者さんの痛みがとれて笑顔になってくれるというのがうれしくて整形外科医になりました。
少しでも痛みがなく動ける毎日を送る手助けをできればと思います。
よろしくお願いいたします。

診療時間について

整形外科は、<月~土曜の午前>ならびに<月・水・金曜の夜間>に外来診察を行っています。
そのほかの時間帯は、救急の患者さまにつき、状況に応じて対応させていただきます。


 
午前診 岩﨑 前田理事長/才田 岩﨑 才田 岩﨑 担当医
夜間診 才田 担当医 担当医

診療科目一覧へ戻る