内科特色

地域に密着した診療を第一に、午前診療に加え夜間診療(17~19時)を月・水・金曜に行っています。
内科疾患全般をカバーする総合診療・内科一般外来と、曜日ごとに専門医による循環器外来、神経内科外来、糖尿病外来があります。
一般外来ではちょっとした風邪から、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病、不明熱など原因の検査や、脳疾患が疑われる場合は最新のMRIやCTを使った検査も当日即座に行い、患者様の希望に沿った診療を行っています。
なかでも糖尿病に対しては、眼科診療・透析治療ができる特性を生かして、新たに糖尿病地域連携の基幹病院としての方向性を持ちました。
外来で入院が必要と診断された場合や、かかりつけ医からの紹介で入院を必要とする場合など、随時対応できる体制をとっております。
高齢患者様の受診や入院相談、入院治療後の退院支援なども地域連携室と協力して、ご本人だけでなく家族の方にも満足していただけるように対応しています。
今日では高齢者の受診、入院患者様が多く、総合的(肉体的、精神的)治療が必要とされます。専門的検査治療が重要視されているなかで、当科では全体的に患者様を診ていき、地域かかりつけ病院となれるように心がけています。