子宮内膜症を理解するために

HOME>現在のページ


子宮内膜症を理解するために

はじめに
子宮内膜症患者の皆様にこの疾患ならびに症状を正しくご理解いただくことを目的とし解説致します。

子宮内膜症とは
子宮内膜(子宮の内腔をおおっている膜)は毎月、卵巣から分泌される女性ホルモンの働きによってふくらみ、妊娠にそなえます。
妊娠しない場合には内膜の組織は剥がれ落ち、月経時に血液とともに流れ出ます。
これら内膜の組織の一部が卵管を通って逆流し、腹腔内(子宮外)に運び込まれる事が有ります。通常は体内の浄化過程でこれらの内膜組織は取り除かれてしまいますが、なんらかの理由で組織が残ってしまうと、これが望ましくない部位に定着し増殖することがあります。このような状態を子宮内膜症といいます。
子宮内膜症は20~30代で発症することが多く、早期に治療しないと症状が悪化し、手術が必要になる場合もあります。

症状
子宮内膜症の代表的な症状は、次第に悪化する月経痛、腰痛、性交痛などです。
・月経時痛(月経の回数を重ねるたびに悪化する。その他に月経過多、吐き気、嘔吐などが起きる場合もあります。)
・腰痛(月経時以外でも起きる場合があります。)
・性交痛(性交時の突き上げるような痛み。)
・下腹部痛(月経時以外でも起きる場合があります。)
・不妊(不妊症の原因として、子宮内膜症は重要です。)
・排便痛
これらの症状が無い場合でも子宮内膜症にかかっている場合もあります。

原因
子宮内膜症の発症原因は、正確には明らかになっていません。月経時に子宮内膜症組織が血液とともに卵管を通って腹腔内に逆流し、定着・増殖するという説が広く受け入れられています。

発生率
月経のある女性のうち、程度の差はありますが、子宮内膜症にかかっている方は多いと推定されます。そしてその頻度は最近増加しつつあると言われています。また不妊症の女性の多くが子宮内膜症に罹患しているとみられています。

診断法
自覚症状がなくても子宮内膜症に罹患している女性もいるため、この病気の診断は容易ではありません。
逆に、前に挙げた症状(ひとつまたはすべて)がある女性でも、子宮内膜症ではなかったり、病気の程度がごく軽い場合があります。
子宮内膜症の診断は問診にはじまり、内診、血液検査、超音波検査などが行われます。しかし、これは補助的な診断であり、確定診断をするためには疾患部位を直接目で確かめる必要があります。
その確定診断のために、通常は腹腔鏡検査を行います。この検査は短時間の外科的検査で、外来診察時あるいは短期入院時に行います。
また、子宮内膜症以外の病気で行われた開腹手術の際に、子宮内膜症の病変部位が発見される事もよくあります。

治療法
患者様の年齢や症状の程度、妊娠を希望しているかなどにより、いくつかの治療法の中から治療方針が決められます。
子宮内膜症は薬物療法や手術療法、またはこれらを併用した方法で治療します。
・手術…手術には、卵巣および子宮を取り除く根治療法と、子供が欲しい場合に、卵巣・子宮を残し、子宮内膜症の病巣部分だけを取り除く保存的手術とがあります。
・保存的手術…この手術は子宮内膜症の程度に応じて、腹腔鏡を用いる場合と開腹手術を行う場合があります。腹腔鏡での手術では、レーザーなどを用いて病巣部位を焼き切ります。
・薬物療法…子宮内膜症の病巣は、卵巣で産生されるホルモンのひとつであるエストロゲンによって増殖します。子宮内膜症の薬物療法は、病巣へのホルモン(エストロゲン)供給を止めてしまうことにより病巣を縮小させ、最終的に消失させようというものです。
また、閉経を迎えると生理的にエストロゲンが低下しますが、それに伴なって子宮内膜症の症状はたいていの場合改善します。妊娠中も症状の改善がみられます。

治療薬の種類と効果・副作用
子宮内膜症の治療薬には、点鼻スプレー・注射剤、カプセル剤があります。
*カプセル剤
・人工的閉経あるいは偽閉経の状態を作り出します。
・卵巣におけるエストロゲンの産生を減少させます。
・男性ホルモンであるテストステロン由来の薬剤であるため、他の臓器へも影響を及ぼします。
投与法…4~6か月間、1日2~4回服用します。子宮内膜症の手術前後にも用いられる事があります。
発現する可能性のある副作用…体重増加、ほてり、ニキビ、皮脂の過剰分泌、体毛が過度に濃くなる、筋肉痛、気分の変化、声が太くなる(きわめて稀)、肝機能障害(これら副作用は服用を中止すれば消失します。)
*点鼻スプレー・注射剤
・女性の体内で産生されるホルモンとよく似た構造の薬剤です。天然のホルモン剤よりも強力で作用が持続します。
・排卵および月経を停止させます。
・カプセル剤(男性ホルモン剤)に似た副作用はあまりありません。
投与法…鼻腔内への噴霧、または皮下注射。子宮内膜症の手術前後にも用いることがあります。
発現する可能性のある副作用…ほてり、膣の乾燥、性欲減退、頭痛・頭重、肩こりなどの更年期障害の様な症状、骨量減少。

おわりに
子宮内膜症にかかっても、かならずしも妊娠できなくなるわけではありません。数多くの女性が薬物療法あるいは手術を受けた後に妊娠に成功しています。現在では、子宮内膜症が広範囲にわたる女性でも妊娠することが可能になりました。
早期に医師の診断を受けて治療をはじめる事が大切です。