各部署紹介



血液浄化センター

血液浄化センターの血液浄化療法部です。
ここでの治療は体の外で血液を循環させて血液を浄化し正常な値に補正するといった治療を行うことをしています。

メインの治療は腎不全の治療法で行われる人工透析療法です。
医師、看護師、臨床工学技士の透析スタッフが協力しあって成り立っています。
他にも薬剤師、栄養士、医療ソーシャルワーカー等にも支えられて治療を行っています。

スタッフは、出来るだけ患者様とコミュニケーション(会話)をとる時間を大切にし、気持ちを理解することがお互いの信頼関係に繋がるように心がけています。
また、透析療法をお受けの患者様の中には、様々な合併症により血液の流れが弱くなるといった閉塞性動脈硬化症で末梢(特に足)までの血流が悪くなった方のために、「フットケアー」(足の治療)を積極的に取り組んでいます。透析後に足浴をしたり、マッサージをしたり、足の観察をおこなって少しでも良くなるように看護師を中心に頑張っております。
透析室では、スタッフが患者様と世間話しをしたり、笑ったり、泣いたり、考えたり、励ましたりを共にしているアットホームな雰囲気です。