ホーム > 先輩看護師

プリセプターとプリセプティーへのインタビュー

≪新人の内川 瑞稀です。≫
就職して、一年を迎えようとしています。
目標としているところは、患者さんの心に寄りそうことが大切だと感じています。とはいえ実際はなかなか難しいと痛感しています。
患者さん一人一人に個性があって気の合う人ばかりではありません。苦手な人、話しづらい人、いろんな性格の人がいて戸惑うこともありますが、苦手だからとそのままでは成長がないので、自ら積極的に関わるように努力しています。
患者さんと気持ちが通じ合った時は、看護師としてのやりがいを感じています。指導者は、穏やかで優しく時に厳しい先輩ですが、相談をすればいつでも笑顔で聞いてくれます。 初めて経験できる症例・処置等についてはいつも声をかけてくれ、指導を受けるチャンスを作ってくれる先輩スタッフ達ばかりです。


≪先輩から見て内川さんの印象と指導に当たるときの心得≫
私が指導する立場にある村上 侑美子です。
なんでも相談されやすい指導者を目指しています。 彼女はとにかく真面目に仕事に取り組んでいます。それに加えて言葉づかいが丁寧で優しく、患者さんもそんな様子と一生懸命な姿勢に信頼を抱いているような気がします。 指導しているつもりが、看護の初心に戻してくれたり、感動を与えてくれたりの可愛い後輩です。 私たち先輩も見習う場面がたくさんあります。
指導者として心がけていることは、知識・技術ばかりでなく看護師一人一人は単独で働いているけど、チームワークが最も大切であることを伝えています。

先輩看護師トップ

応募はコチラ

資料請求

このページのトップへ